2008年02月06日

大分県立図書館の混乱は Amazon (アマゾン) や ヤフオク で 背取り(せどり)をしている人間の多さを物語っている。

無料図書1万6000冊に市民殺到 県立図書館が一時大混乱によると、

大分市駄原の県立図書館が5日、リサイクル目的に古い書籍約1万6000冊を無料配布したところ希望者が殺到、用意した本は午後2時すぎになくなった。
会場には1000人を超す市民が訪れたとみられ、周辺道路では交通渋滞も発生。図書館は途中から入場制限するなど一時、大混乱した。


そして、宮崎則夫副館長は

「対応がまずく、大勢の人に迷惑をかけて申し訳なかった。ただ、混雑は本に対する高い関心の表れでもある」と・・・


副館長には申し訳ないが、この混乱はずばり、背取り(せどり/競取り)目的でしょう。



(今日の練習:出勤前のランニング、ちょびっと。)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82714927

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。