2010年09月28日

「害怕恨爱」イレズミ

なにやら脚に刺青をした外人さんが・・・。

害怕恨愛_01.jpg

寄ってみます。

害怕恨愛_02.jpg

「害怕恨爱」???

「Google 翻訳」で調べると、「害怕」は中国語で「恐怖」。

こんどは「害怕恨爱」で Google翻訳をかけると・・・

「愛は恐怖を利用しています」?!?!


posted by natto at 02:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

Garmin Edge 800 はタッチスクリーン/ガーミン・エッヂ

GPS付きでパワーメーターにも対応し、最強のサイコンと呼ばれる Edge 750 後継機の「800」は精度がさらにアップし、タッチスクリーンに!






posted by natto at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gamin fone/Garmin G60 スマートフォン



“あの”ガーミンからスマートフォン。




posted by natto at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

サロメチール、メンソレータムのラブでマジックインキが消せる!



「ラブ」、「サロメチール」いずれでもイケます。
レース後に腕や脚のナンバリングもイッパツで消せます。








posted by natto at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

TESTACH / テスタッチを発見!

見慣れぬブランドが・・・

001_testach.jpg

「TESTACH(?!)」

002_testach.jpg

これはシートステー。

003_testach.jpg

ロードなのに、カンチブレーキ。

004_testach.jpg

カンチブレーキなのに、カーボンフォーク?!

005_testach.jpg






posted by natto at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

一流のメッセンジャーは、OAKLEYを選ぶ!(オークリー)

一流のメッセンジャーは、OAKLEYを選ぶ!.jpg



雑誌ターザン(マガジンハウス)の広告(もしくはタイアップ記事)らしいが、マヌケ極まりない。

結論からいうと、「バイクメッセンジャーは貧乏」。

はい。オークリーなんか買えません。

ニューヨーク・マンハッタンのバイクメッセンジャー達がピスト(トラックレーサー)に乗るのも、「ブレーキ」や「ディレーラー(変速機)」が付いたロードレーサーは高くて買えないから。

それが何時の間にやら「バカチン」達のファッションになったのが昨今のピストブーム。

ナイキが出した渋谷パルコの広告「ブレーキなし。問題なし。」が大ブーイングを浴び、急遽撤去せざるを得なくなったのも記憶に新しいところ。

しっかし、オークリー高過ぎるよな。iPhone すら中国で作られてる時代に「Made in USA」 にこだわってんじゃねーよ(失礼)。

マガジンハウスってもの、結構フザけた会社。
「表紙の写真」とエキストラを頼まれ(ノーギャラ)、カメラマンが有名人だったことから感心してみせたら、「そうですよ、○○さんに撮っていただけるんですよ」とのたまう(それも恩着せがましく)始末。
「刷り上がったら、お礼に著者のサインを入れて郵送いたします。」と言っていたが、手元に届くと著者のサインなんてどこにも見当たらない。撮られた写真も「表紙」の筈が「裏表紙」(爆

ちなみに、某バイクショップもマガハに貸した貴重なネガフィルムを無くされたことがあり、謝罪の一言もなかったそうな。

まぁ、ターザンなんて自分の記事でも出てなければ、紙くず同然(出てても、読まずに付箋だけして親に送るだけだったり・・・)。
「健康」を扱って「アスリート」をターゲットにした雑誌ではなく、「流行」を扱って「バカチン」をターゲットにした雑誌ですから。

小生もかつてはこの“紙くず”を買ったり、立ち読みしたりして、「お金」と「時間」をドブに捨てていたものだ・・・。




posted by natto at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチローに子供がいない理由。

ふと、疑問に思った。

あまり公に語られることがないが、タブーなのか?

ちなみに、「菊とバット」で知られるロバート・ホワイティング氏は「イチローの不倫に触れることは日本ではタブー」とまで語っているらしい(イチローの父が和解金を支払った事件のことを指しているのだろう)。

古田敦也の嫁、中井美穂が不妊手術を行った際のことを週刊誌に「中井美穂の子宮をメチャクチャにした○○医大病院」みたいな書かれ方をしたこともあった。
(子宮筋腫で子宮を摘出したとの話も)。

新庄剛志も子供さえいれば離婚しなかったのでは。

三浦カズにいたっては、子供がいても別居状態。いなかったらとっくに離婚していたのでは。

ちなみに、イチローがシアトルで飼っている犬の名前は「いっきゅう」。
一朗の「一」と婦人弓子氏の「弓」を取って付けたことは有名な話だが、世界のイチローにしてはセンスが・・・以下省略。

イチローがいかに生活リズムを大事にしているかはよく知られた話。
ホームゲームでは必ず夫人の作ったカレー(それも毎回全く同じレシピのもの)を食べてから球場へ向かう。
食材も相当の金額をかけて日本から取り寄せている。
アウェイでも必ず「ピザ」(それもプレーンに限る)と決めている。

“現在の”生活リズムは相当の試行錯誤で辿り着いたものに違いない。

そこで子供でも出来ようものなら野球成績に与える影響は計り知れないとわかってのことかも。

いや、カレー→ピザ→カレー→ピザ・・・・のように、夜の生活すらパターン化してしまい、夫人にあきれられたのが子供の出来ない本当に理由・・・(以下省略)。



菊とバット完全版

菊とバット完全版

価格:1,995円(税込、送料別)





posted by natto at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。